無料キャンペーン1日目終了!

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

著書『松本さんの勉強法~なぜ勉強しても結果が出ないのか?~』の

無料キャンペーン初日が終了しました。

私が確認したときには、教育部門で4位になっておりました!

信じてダウンロードしてくださった皆様、ありがとうございます。

皆さんにはメリットしかないので、ぜひこの機会にダウンロードしてください。

私は、なにか他のことで生きる糧を見つけていこうと思います(笑)

ぜひお友達や、親戚の方に受験生がいらっしゃればお勧めしてあげてください。

また、社会人の方でもやる気が出ずに悩んでいらっしゃる方にもお勧めです。

とにかく知識ですので、ないよりあった方が充実するのは確実ですから。

何卒、よろしくお願い致します。

無料キャンペーンは本日19日(日)終日までです。

無料ダウンロードはコチラから可能です!

 

緊急告知!※成績を上げたい方のみ対象

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

無料キャンペーンやります!

ということで、いきなりですが、

著書『松本さんの勉強法~なぜ勉強しても成績が上がらないのか?~』

の無料配布を期間限定で行います。

期間は2日間のみとなっておりますので、お見逃しなく!です。

2018年8月18日(土)~8月19日(日)

この2日間だけは、なんと著書を無料でダウンロードいただけます。

購入方法・手順について

①各種端末にkindleアプリ(電子書籍リーダーアプリ)をダウンロード

※ダウンロード済の方は②へお進みください

②私のHP(このサイト)に書籍紹介がありますので書籍画像をクリック

※Amazonさんで検索してもOKですが、上記の方が入力も要らず早いです

③ダウンロードが完了したら、kindleアプリを起動して読書開始

という流れです(非常に簡単!)。

最後に

これは私の32年間の学びの集大成です。

読書の醍醐味はそこにあると思っています。

本来ならば、自分の時間と体力などの資源を使わない限り、

学ぶことはできません。

しかし、読書というものは、自分以外の人が投資して学んだことを

自分は短時間で学び取ることができるのです。

こんなに素晴らしいことはありません。

また、この本に書かれているのは私1人だけの経験だけではなく、

私が見てきた数百人の生徒たちの結果からの学びでもあります。

ぜひ勉強における真実を知ったうえで、努力を重ねていただきたい。

 

知らないことは、はっきり言って罪です。

知ることができるのに、知らないのは罪です。

社会に出てから「知りませんでした」では済まなくなるように、

知識とは与えられるものではなく、自分から取りに行くものです。

今回は、お盆が開けて、それでもなおまだエンジンがかからずに

悩んでいる受験生も多いだろうと思い、このタイミングでの実施を決めました。

必ずや皆さんのお役に立てるはずです。

1円もお金はかかりません。

読むに値にしないと判断すれば、もう読まなくても結構です。

しかし、もし1つでも皆さんの学びになるもの、

合格に近づくためのヒントになることができれば本望です。

※動画でもキャンペーンについて解説しましたので、ご参照ください。

 

 

「朝、起きれないんです…」

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

朝起きれないという悩み

この悩みは多いのではないでしょうか?

夏休みに入って、生活リズムも狂いやすいですからなおさらです。

夏休みの最初と最後には補習があることが多いですから、

普段とあまり変わらないかもしれませんが、

完全に学校が休みになると、朝起きれなくなることが多いと思います。

なぜなら、朝起きる必然性がなくなるからです。

人間は必然性がないと、基本的に動くことができません。

これは自分をコントールするためには、

絶対に覚えておいた方が良い真実です。

必然性なく動ける場合というのは、

心から自分がやりたいと思うものだけです。

こういった好み(感情)は自分の行動に大きく影響を与えます。

しかし、睡眠欲というのは人間の本能でもあるわけですから

それを自ら好んで食い止めようとする人などいないわけです。

では、どうすれば朝起きることができるのでしょうか?

必然性を作ればいい

このように原因を明らかにすることで対策を検討できます。

たまに、原因を明らかにせずに、打開策を考える人がいますが

それははっきり言って時間のムダです。

原因があるから結果があるのです。

朝起きれないのであれば、起きれない原因があるのです。

そして、原因を見つけたならば、その原因を解消すれば良いだけです。

今回のケースで言えば、朝起きることができない原因は

朝起きる必然性がない」からです。

であるならば、朝起きる必然性を作ればいいのです。

どういうことかを説明しましょう。

おそらく、多いパターンが

朝早く起きて勉強しようと思っていたのに起きれなかった

というケースでしょう。

ということは、これは必然性を伴っていないということです。

「朝早く起きれたらいいな」とは思っていたと思いますが、

絶対に起きなければならないとは思っていなかった

ということですね。

では、どうすれば必然性を伴わせることができるのか?

それは、朝起きてからやることをもっと明確にすることです。

やることはもちろんですし、そのやること1つ1つに対して

想定される時間も考えてください。

(例)

数学の問題10問 1時間

英語のワーク10ページ 2時間

このように、翌日のスケジュールを明確化してください。

ここまでイメージできれば、

朝起きる必然性はかなり強化できます。

なぜなら、起きなかったら予定が崩れることが

具体的な時間の感覚を含めて想像できるからです。

※より具体的な考え方・詳細は著書を参照してください。

これでも朝起きれないというのであれば、

そもそも本気で勉強しようと思っていません。

そういう人は、その程度の気持しかないということです。

ですから、自分自身を見限ってください。

それが自分の本心だということです。

よって、ここからは保護者様にお願いです。

お子様が「起こして」とお願いしてきても起こさないでください。

前述のようなプロセスを踏んでもなお起きないのであれば、

そもそもやる気がないか、睡眠に関する何かしらの病気です。

やる気がない人間を無理に起こしても意味がありません。

また、論語に「我15にして学に志す」という言葉があるように

本気で勉強しようと思うならば、もはや自立しなければなりません。

少し厳しいかもしれませんが、自分で起きることもできない人間が

厳しい受験勉強を乗り越えることができるはずないのです。

保護者の皆様にとっては大事な大事なお子様です。

自分の命よりも大事な存在だと思います。

しかし、だからこそ、彼らを信じてほしいのです。

自分の人生に自分で責任を取らせてほしいのです。

死ぬまで親がサポートできるわけではありません。

人生には限りがあります。

ですから、なるべく早い段階から自立させてあげることが

本人にとってとても大事なことだと思いませんか?

ですから、起きないのであれば起きなくていいのです。

その代わり、その結果を自分で受け止めさせる。

この方がよっぽど本人にとって学びになります。

結局、人から教えられたものや転ばず先の杖というのは

本人の役には立たず、役に立つものと言えば、

自分で気づいて自分で学び取ったものだけなのです。

 

 

 

志望校、受験校などの選択で迷ったときの考え方

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

人生は選択の連続である

我々は常に選択を行っています。

言い換えれば、毎分毎秒、何かを捨てて何かを得ています。

遊びを捨てて勉強するとか、

デートを捨てて部活に励むとか。

あまり普段は意識していないかもしれませんが、

このように我々は常に選択をし続けています

重大な選択をするときに大切なこと

もちろん、今申し上げたような普段の選択も大切です。

しかし、どちらを選んでも人生そのものに大きな影響を

与えるものではないかもしれません。

しかしまた一方で、人生に多大な影響を与える選択もあります。

それが受験校の決定や、就職先の決定、そして伴侶の決定などです。

これらのものは、選択が変わればその後の人生も全く別物になります。

そういった意味で、非常に重要な選択であると言えます。

そして、同時にこれらの重要な選択というのは

非常に悩ましいものであり、すぐには決められないものです。

選択肢それぞれに良いところがあり、また悪いところがあります。

「あちらが立てばこちらが立たず状態」になってしまうのです。

そうして、どれを選べば良いか分からなくなり、混乱するのです。

これがどういう状態なのかと言えば

優先順位が分からなくなっているのです。

自分にとって嬉しいことや都合の良いことはたくさんあるでしょう。

ですから、それを見ていては決められなくなるのは当然ですし、

それを追いかけてもキリがないのです。

よって、大切なのはこの「逆」の考え方です。

すなわち、自分にとって譲れないものは何かを考えることです。

プラスを考えるのではなく、マイナスできないものを考えるのです。

それが優先順位を決めるということです。

それらを踏まえて具体的にどうやって決めれば良いのかについて

具体例を用いて動画で解説しましたので、ぜひ参考にしてください。

人は話を聞いていない?

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

相手にうまく伝わらない

今回は話し方講座part.3としてお話致します。

「伝える力」というフレーズも流行っており、伝え方は

学校教育においても表現力というキーワードになって注目されています。

ということで、伝えるということを考えてみます。

まず、私は前提というものを確認することが大切だと思います。

ここで前提とは何かと言うと、人は話を聞いていないということです。

少し言いすぎな表現かもしれませんが、大体そうだと思っています。

というのも、皆さんも経験がありませんか?

「あ、ごめん、聞いてなかった」

と言った経験や、

「あ、この人、話聞いてないな」

と思った経験です。

このぐらい分かりやすく話を聞いていないということを実感された

こともあると思いますし、その場では分からなかったけれども

後になって「あ、聞いていなかったんだな」と判明するケースも

過去にあったのではないかと思います。

少なからずこういったことはありますから、

それを踏まえて「人は話を聞かない生き物」だと思った方が良いです。

※厳密には「自分にとって都合の良いことしか聞かない」ということです。

聞いてもらうことが1番大事

そういったことを踏まえると、

話の中身や論理展開を考えることももちろん大事なのですが、

1番大事になってくるのは、まず話を聞いてもらうことです。

では、話を聞いてもらうために重要なことは何でしょうか?

それは最初の10秒であり、導入部分であり、掴みの部分です。

読んで字の如く、相手を掴まなければ話は入っていきません。

では、どうすれば聞き手を掴めるのでしょうか?

ポイントは大きく分けると以下の2点です。

①結論を伝える(相手の頭に「!」or「?」を付けて)

②話の全体像(各トピック)を伝える

ということです。

まず、相手に違和感を覚えさせるということですね。

「なんだそれ?」「どういうこと?」

と、疑問に思ったり、興味を持ったりしてもらわない限り、

ほとんど話を聞いてもらえることはありません。

人は皆、自分にしか興味がありませんから、

「相手の話を聞く」という感覚から

「自分の興味を満たす」という感覚へと変換させる必要があるのです。

こうなると、他人事ではなく自分事になるので一気に集中力が増します。

また、全体像が見えないことほどストレスなことはありません。

もしマラソンのゴールが分からなければ誰も楽しめないことでしょう。

ゴールが設定されていて、どこまで進んだのか、何割進捗したのか、

残りはどのくらいなのか、そういったことが分かるから

モチベーションが生まれるのです。

ですから、人の話を聞くのも全く同じで、全体像があると

湧き上がった集中力も持続できるわけです。

動画でも解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

このことは仕事はもちろん、プライベートでも使えますよ!

 

人の悪口を言ってはいけない

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

なぜ悪口を言うのか?

人の悪口を言う人はたくさんいます。

私なりにそういった人たちを分析してみた結果、

1つの結論を得ました。

それは、悪口を言う人は皆、自信がないということであり、

周りからの目を必要以上に気にしており、評価を求めている

ということです。

考えてみれば分かるように、人を悪く言ったとしても

自分のことではないので、言った本人にメリットはないはずです。

しかし、間接的に自分にメリットがあるのです。

人の悪口を誰かに言うことで、その人の評価を下がり、

相対的に自分の評価が上がるのです。

だから悪口を言うのです。

これは、自分の評価を上げるうえで最も楽な方法です。

なぜなら、自分自身のレベルを上げる必要がないからです。

自分は何もしなくても、簡単に評価を上げられるからです。

そういったことから、

人は誰かを悪く言うのだと思います。

悪口ではなく何を言えばいいのか?

また、悪口を言うことのデメリットは2つあります。

①自分自身のマイナス感情をさらに増強させる

②聞いている側の気分を害する

以上のことから、人の悪口は言わない方が良いです。

しかし、悪口を言わないだけであればマイナスがないだけで

プラスにはなりません。

ですから、プラスを作るために、悪口ではなく

褒め言葉を発してほしいのです。

褒め言葉を発することによって、

自分自身がポジティブな気持ちになるのはもちろん、

聞いている側も嫌な気持ちにはなりませんし、

第三者を褒めているのを見ると、褒められている人よりも

むしろ褒めている人の方を人は評価するものです。

素直に人を褒められる人は意外と少ないものです。

ですから、悪口を言うのではなく、

積極的に人(特に第三者)を褒めるようにしてください。

それがコミュニケーション能力というものです。


 

感情を表に出すな!

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

「感情ディスプレイ」になるな!

今回はコミュニケーション能力養成講座の第2弾です。

テーマは「感情ディスプレイになるな!」です。

感情ディスプレイとは何かと言えば、

自分の感情をモロに表に出すことです。

もちろん、誰かが喜んでいるときは一緒に喜んであげるべきですし

誰かが悲しんでいるときは慎しみ、同調する必要があります。

今回皆様に申し上げたいのは、何もない状態のときのことです。

たとえば、登校したときや出社したときです、

そのときに、明らかに不機嫌な態度を取ったり、異常なまでに

嬉しそうな態度を取ったりすることです。

自分1人で存在しているわけではない

なぜそうすることがいけないのでしょうか?

それは、人は1人で存在しているわけではないからです。

もちろん家に1人でいる場合は、どんな態度を取っても構いません。

しかし、学校や会社というのは必ず自分の近くに誰かがいます。

友達や同僚、場合によってはお客様もいらっしゃるかもしれません。

人は自分のことを見ていないようで見ているものです。

そして、言葉よりも態度の方がよく伝わります

ですから、明らかに不機嫌な態度を取っていると

相手は必ずそれを察知します。

そうなると、「なぜ不機嫌なのだろう?」と余計な心配を

かけることになってしまいます。

これが想像以上に負担になるのです。

人に迷惑をかけてはいけないということは誰しも分かっています。

しかし、自分が誰かに迷惑をかけているつもりはないのに

無意識にかけてしまっているということがあるのです。

むしろ、その場合の方が多いかもしれません。

その代表的なものが、この「態度」です。

本来、態度は自分で決めることができるはずであるにも関わらず

この態度をコントロールできないこともあるのです。

人間には感情がありますから、それも仕方ないことでもあります。

しかし、これも訓練することでコントロールできるようになります。

自分を客観的に認識する力のことをメタ認知能力と言いますが、

このメタ認知能力もある程度先天的な部分があることは否めませんが、

自らの努力によって向上させていくことも十分可能です。

このような内容について、動画で解説しておりますので

ぜひ参考にしていただければと思います。

コミュニケーション能力養成講座!

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

コミュニケーション能力の重要性

日本経済団体連合会が発表している、

新卒採用に関するアンケート調査結果」によると

新卒者に求める能力として15年連続で1位になっているものが

コミュニケーション能力です。

8割以上の会社・企業がコミュニケーション能力を重視すると

そのアンケートで答えています。

会社は「人」で決まると言われています。

では、その「人」の何に期待しているのかと言えば、

それがコミュニケーション能力ということではないでしょうか?

コミュニケーション能力とは何か?

以上のことから、コミュニケーション能力の重要性は分かりました。

次に、コミュニケーション能力とは一体何なのかを知る必要があります。

よくある勘違いとしては、

・立板に水のように、流暢にお話ができること

・相手の立場に立つこと

などが挙げられると思います。

確かに、話が上手ければコミュニケーション能力が高いようにも思えます。

しかし、私はだと思います。

話し上手な人は、大体コミュニケーション能力が低いです。

というのも、そもそもコミュニケーション能力とは何かと言えば、

相手の気持ちを把握する力」です。

理解する力ではなく、把握する力というところがポイントです。

※相手を理解するということは非常に難しいことです。

しかし、理解できなくても把握することはできると考えています。

それがコミュニケーション能力だとした場合、

どれだけ話すことが上手でも、それは相手の気持ちを把握することとは

一切関係がないので、それをもってコミュニケーション能力が高いとは

言うことができないという理論です。

それを踏まえて、コミュニケーション能力が低いとはどういうことか

また、どうすれば高めることができるのかを動画で解説致しました。

非常に分かりやすく解説しておりますので、

ぜひ参考にしてみてください。

英単語はイメージで効率的に覚える!

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

イメージの力を侮るな!

勉強の半分強は暗記が占めています。

すなわち、どれだけ記憶できるかが重要だと言うことです。

また、入試までの時間は限られているということから

どれだけ短い時間で、早く、かつ長期記憶に持っていけるか

それが受験勉強における最重要課題であるとも言えます。

イメージを沸かせるための具体的な方法

そこで、今回はイメージの沸かせ方を解説しました。

これまでにもイメージの有用性・有効性については

解説してきましたが、具体的なイメージの沸かせ方について

解説をさせていただくのは今回が初めてです。

ですから、イメージを使うことの有用性は理解できたけれども

自分でイメージを沸かせるのが苦手だという方は

ぜひ参考にしていただきたいと思います。

英単語を一瞬で覚える

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

反復を必要としない暗記方法

暗記の基本は反復です。

これは疑いの余地もない事実です。

脳は何度も触れた情報を重要な情報と認識し、

記憶に留めようとします。

しかし、だからと言って反復なしに記憶することは

不可能なのかと言えば決してそうではありません。

事実、皆様も鮮明に覚えている過去の記憶というものが1つや

2つはあると思います。

その経験はたった1度しかなかったはずで、

決して繰り返していないのに記憶しています。

そのことから分かるように反復なしでも記憶できます。

受験勉強における重要項目

これは受験勉強をするうえで非常に重要な事実です。

なぜなら、反復に要する時間を別のことに充てることができれば

期間内における自力で再現できる問題数を増やせるからです。

よって、記憶するために必要な時間を極力減らす工夫を

していくことが大切です。

そのためにやるべきことは右脳の活用であり、

感情、イメージの力を使うということです。

具体的なやり方については動画で解説しておりますので

ぜひ参考にしていただければと思います。