夏休みの勉強「まず何をすればいいのか?」

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

まず何をすればいいのか?

現在、中学3年生・高校3年生の方は受験生ですので、

この夏休みで一気に成績アップを実現させようと思っていると思います。

そこで、そんな皆さんのために、その努力を結果に繋げるための

重要なポイントを簡単にお伝えしていきます。

目標設定はできているか?

まず大事になってくるのは目標設定です。

もちろん、受験勉強の目標は志望校に合格することです。

しかし、私がここで言うところの目標というのは

もっと身近な目標のことです。

言ってもまだ受験までには数ヶ月の時間がありますので、

夏休みに実力を実力を付けたいのであれば、

その夏休みでの目標を設定すべきです。

それをせずに闇雲に勉強に取り組むのも悪くはないのですが

効率と効果を考えると、少しもったいない気がします。

具体的な目標設定を行う

目標設定を行う際に重要なことはたくさんありますが、

今回は1つだけお伝えしますので、必ず今日中にやってください

おそらく今日やらなかったら一生やりません(笑)

そんなもんです。あなただけではなく人間とはそういう生き物です。

では、どのように目標設定をすれば良いのか。

それは結果に対する目標を数字で設定するということです。

具体的に解説しましょう。

夏休みの目標設定でありがちなのが、

「毎日10時間勉強する」

のような時間に対する目標設定です。

もちろん絶対的に時間は必要ですし、勉強量の確保は必須です。

しかし、皆さんの目標は勉強時間を確保することではないはずです。

そう、皆さんの目標は実力を付けることであり、

成績を上げることであるはずです。

ですから、どれだけ勉強時間を確保したとしても

成績が上がらない(結果が伴わない)のであれば

はっきり言って、その努力は目標に対して意味がありません。

※実際にそれは起こりえます。経験された方も多いはずです。

よって、目標設定は必ず結果に対して行ってください

例えば、夏休み明けのテストの目標点数であったり、

夏休み中に行われる模試の目標点数であったり、

そういった試験の目標点数を数字で設定することが大事です。

というよりも、それなくして勉強計画は立てられないはずです。

もしも立てることができたというのであれば、

それは確実に自分がやりたいことをやろうとしている計画であって

結果を出すための計画にはなっていないはずです。

まとめ

ですから、夏休みに成績を上げたいというのであれば、

まず最初にやらなければならないことは、

夏休みの努力を結果として発揮する試験を決めて

そしてその試験で何点を取るのかを決めることです。

それが決まれば、ではどうやったらそれが実現できるのかを

考えることができて、そうして初めて学習内容が決まってきます。

いいですか、努力は確実に結果に繋げなければなりません。

皆さんの貴重な時間と労力を無駄にしてはいけません。

「無駄な努力というものは存在しない」ということに対しては

私も同感です。

しかし、

「狙ったタイミングで狙った結果を出す」という意味においては

無駄になることもあるということを知っておいてください。

「最善を尽くす」とは、そういうことなのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です