「朝、起きれないんです…」

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

朝起きれないという悩み

この悩みは多いのではないでしょうか?

夏休みに入って、生活リズムも狂いやすいですからなおさらです。

夏休みの最初と最後には補習があることが多いですから、

普段とあまり変わらないかもしれませんが、

完全に学校が休みになると、朝起きれなくなることが多いと思います。

なぜなら、朝起きる必然性がなくなるからです。

人間は必然性がないと、基本的に動くことができません。

これは自分をコントールするためには、

絶対に覚えておいた方が良い真実です。

必然性なく動ける場合というのは、

心から自分がやりたいと思うものだけです。

こういった好み(感情)は自分の行動に大きく影響を与えます。

しかし、睡眠欲というのは人間の本能でもあるわけですから

それを自ら好んで食い止めようとする人などいないわけです。

では、どうすれば朝起きることができるのでしょうか?

必然性を作ればいい

このように原因を明らかにすることで対策を検討できます。

たまに、原因を明らかにせずに、打開策を考える人がいますが

それははっきり言って時間のムダです。

原因があるから結果があるのです。

朝起きれないのであれば、起きれない原因があるのです。

そして、原因を見つけたならば、その原因を解消すれば良いだけです。

今回のケースで言えば、朝起きることができない原因は

朝起きる必然性がない」からです。

であるならば、朝起きる必然性を作ればいいのです。

どういうことかを説明しましょう。

おそらく、多いパターンが

朝早く起きて勉強しようと思っていたのに起きれなかった

というケースでしょう。

ということは、これは必然性を伴っていないということです。

「朝早く起きれたらいいな」とは思っていたと思いますが、

絶対に起きなければならないとは思っていなかった

ということですね。

では、どうすれば必然性を伴わせることができるのか?

それは、朝起きてからやることをもっと明確にすることです。

やることはもちろんですし、そのやること1つ1つに対して

想定される時間も考えてください。

(例)

数学の問題10問 1時間

英語のワーク10ページ 2時間

このように、翌日のスケジュールを明確化してください。

ここまでイメージできれば、

朝起きる必然性はかなり強化できます。

なぜなら、起きなかったら予定が崩れることが

具体的な時間の感覚を含めて想像できるからです。

※より具体的な考え方・詳細は著書を参照してください。

これでも朝起きれないというのであれば、

そもそも本気で勉強しようと思っていません。

そういう人は、その程度の気持しかないということです。

ですから、自分自身を見限ってください。

それが自分の本心だということです。

よって、ここからは保護者様にお願いです。

お子様が「起こして」とお願いしてきても起こさないでください。

前述のようなプロセスを踏んでもなお起きないのであれば、

そもそもやる気がないか、睡眠に関する何かしらの病気です。

やる気がない人間を無理に起こしても意味がありません。

また、論語に「我15にして学に志す」という言葉があるように

本気で勉強しようと思うならば、もはや自立しなければなりません。

少し厳しいかもしれませんが、自分で起きることもできない人間が

厳しい受験勉強を乗り越えることができるはずないのです。

保護者の皆様にとっては大事な大事なお子様です。

自分の命よりも大事な存在だと思います。

しかし、だからこそ、彼らを信じてほしいのです。

自分の人生に自分で責任を取らせてほしいのです。

死ぬまで親がサポートできるわけではありません。

人生には限りがあります。

ですから、なるべく早い段階から自立させてあげることが

本人にとってとても大事なことだと思いませんか?

ですから、起きないのであれば起きなくていいのです。

その代わり、その結果を自分で受け止めさせる。

この方がよっぽど本人にとって学びになります。

結局、人から教えられたものや転ばず先の杖というのは

本人の役には立たず、役に立つものと言えば、

自分で気づいて自分で学び取ったものだけなのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です