日本で最初に出来たコンビニは?

みなさん、こんにちは。

学習ドクターの松本です。

セブン、ファミマ、ローソンの3社比較

先日、7月17日に話題になったセブンイレブンさんの

100円ビール販売開始の件。

※未成年の飲酒はいけません。

なんとそれが話題になりすぎたため、準備が整えきれないということで

販売が中止(延期?)になってしまいました。

私はもっぱらハイボール派なので、問題ないわけですが

楽しみにしていた方も少なくなかったことでしょう。

そんなニュースがありましたから、コンビニが気になり始めました。

「そもそも日本で最初に出来たのは、どれなんだろう?」

厳密なことを言えば、この3社以外にもコンビニはありますので

コンビニ全体を網羅したうえでの結論ではありません。

ここでお伝えするのは、上記3社のうち、

最も早く日本で出来たのはどれか?ということですので

ご確認ください。

ランキング発表

1位:ファミリーマート

2位:セブンイレブン

3位:ローソン

以上のような結果となりました。

意外ですよね、現状、店舗数でも売上でも

セブンイレブンさんが1位ですから、セブンイレブンさんが

最も早く出来たのかなと思いがちですが、実はそうではないんですね。

というのも、実はファミリーマートさんだけが唯一日本製なんです。

日本で生まれて日本で育ったのはファミリーマートさんだけです。

セブンイレブンさんも、ローソンさんもアメリカ出身です。

そういったこともあってか、ファミリーマートさんが日本で最初に

できました。

ちなみに、ファミリーマートさんの第一号店ができたのは

埼玉県の狭山市。

私の大事な友人の地元です(笑)

その他、補足情報なども含めて動画にまとめてみましたので

良かったらご視聴くださいませ。

新しいことを知るという喜びを感じるための、

1つのきっかけになれば良いなと思っております。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です